今回は「誹謗中傷」の内容を記事にすることに関して、確認の意味でお伝えさせて頂こうと存じます。

2018年6月24日、福岡で講師の岡本顕一郎さん(41歳)が、講演終了後にトイレにて、松本英光容疑者(42歳)に殺傷された事件。

この亡くなった岡本顕一郎さんは、人気ブロガーの「Hagex」さんと見られています。
当日は「100万PVブログ達成への道」「ブログトラブル110番」と題した講演を行った直後でした。

殺害された岡本さんは、Hagex(ハゲックス)というニックネームでブログ「Hagex-day info」を書いていたとされています。

Hagex-dayサイトは、記載内容を拝見する限り月間220万PVと公表しています。
でも、運用しているところは、hatenadiary.jp・・。
すなわち、はてなプログですね。
ドメインも単独ではなく、ハテナのものです。
要するに、このアクセス数は「はてな」で行っているから、これだけあるとも言え、純粋に著者の実力によるところとは考えにくいです。
もちろん、Hagexさんのご努力と能力、SNSのうまい使い方もなければ、アクセス数は増えませんが、単純に、Hagexさんだけの力ではない可能性が高いです。
すなわち「はてなブログ」で月間100万PV達成できる方法と言う事であれば、その道ではプロの方であったと言えるでしょう。

なお、ちょっと、Hagexさんの記事を拝見致しますと、ネット釣り師、ババア、晒す、腐れ、退会祭りなど、汚い言葉が目に付きます。
また、2chの記事を引用した内容も多いようです。

このように、いわゆる「炎上商法」など取り扱ったサイトとなっているのです。
他人の炎上などをトレンド記事として、アクセスを稼ぐようなやり方も見受けられます。

炎上させる作戦や、炎上先を紹介したりするのが、悪いとは申しませんよ。
その執筆者さんのやり方ですのでね。
でも、高田塾では、そんな方法はお教えしていません。
そんな批難するような記事ばかり作って、何が楽しいのか、理解に苦しみます。

低能先生と呼ばれたとみられる容疑者と、どのようなやり取りがあったのはわかりませんが、実際に、容疑者から恨まれたHagexさんは殺害されて、命を落とすという結果になりました。
ひとつ言えるのは、容疑者はもともと有名な荒らしで、低能、低能と相手を批判していことたから、いつの間にか「低能先生」という呼び名がついています。
ただし、Hagexさんが、その名を付けたわけではありません。
このように、容疑者も、被害者も、両方が批判の応酬をしていると言う特徴があります。

むしろ、takadaと致しましては、記事は絶対に誹謗中傷の内容にならないよう、気をつけるようにとお教えしています。
その理由は、もちろん、アドセンス規約違反ですし、そもそも、Googleには嫌われる内容です。
通常、炎上方法はサイトの評価を下げますので、アドセンス広告目的でしたら、サイトが長続きしないため、時間の無駄にもなります。
汚い言葉を多様したら、なおさら、検索エンジンはたくさんの人に見てもらおうとは思いません。
記事数は多いですが、引用が多様されており、品質的には低いです。
しかし、はてブですので、検索エンジン以外からの流入が非常に多いと考えられ、アクセスがたくさんあるたろには、はてなブックマークの中で注目されれば良いので、いわばそんなに苦労しません。
そして、皆様を不安にするだけですので、あえて記載してきませんでしたが、誹謗中傷致しますと、今回のような「事件」になる可能性があるというのが、最大のおすすめできない理由です。

Hagexさんの記事には下記のような記載もありました。

----------- ここから下は恐れ入りますが「無料閲覧会員」に登録してログインすることで、ご覧頂けるようになります。 他にもログインがあると、無料にてご覧頂ける記事も多いですので、初めての方は「無料閲覧会員」へのご登録をご検討賜りますと幸いです。 ※初級会員・中級会員・上級会員の皆様はログイン状態でご覧頂けます。
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

takada

ご覧頂きましてありがとうございます、Takadaと申します。 ひとりで仕事・執筆を行い、インターネット上からの収入を中心に生活している50歳でございます。 全体のうちGoogleアドセンス収入は70%くらい、その他はアフィリエイト収入・代行・通販・レンタル・個人コンサルタントアドバイスなどで30%、皆様には深く感謝を申し上げる次第です。 直営サイト運営(個人ブログ)すべてによる、直近5年間のアクセス数は1億7500万PVと現役です。 個人事業として納税義務を果たしております。(^-^)