アメリカのカルフォルニア州の法律制定によって、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)が、2020年1月1日から施行される予定です。
これは、アメリカのカリフォルニア州に住んでいる人の、プライバシー権と消費者保護を強化するための法律です。
※アメリカは合衆国ですので、日本と違い、法律は連邦法と各州法とあり、州ごとに独自に法が多いのが特徴で、税率も州によって異なります。
なお、世界的には、個人情報の保護が強化される傾向にあり、最近では欧州のEU一般データ保護規則(GDPR)にも、インターネット通販やサイト運営では注意しなくてはなりません。
色々と細かいところはありますが、基本的にCCPAの場合は、取得した個人情報を他社に販売したり流用するのを禁じています。
そして、消費者の権利として、どのような個人情報が収集されているかを公開する義務も生じます。

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の場合には、カリフォルニア州に住んでいる個人が、自分のサイトにアクセスしていなければ、これからも誰一人アクセスしなければ、問題ありません。

現時点で、アクセスがあるか?確認する方法は、例えば Googleアナリティクスにて[オーディエンス]→[地域]→[地域]→[United States]→[California]にて、確認することができます。
ただし、これから将来、カリフォルニア州の人が、見に来てくれるようになり、翻訳などして自分の日本語サイトを見るようになる可能性も、無きにしも非ずです。
それらの可能性を踏まえて「カリフォルニア州消費者プライバシー法」に対して、アドセンス広告の設定も行っておく必要性があります。

CCPAの適用条件(一部抜粋)としては、下記の通りです。(ひとつでも当てはまれば)

年間の粗利益が2500万ドルを超えている
※粗利益ですので、売上高から原価を差し引いた祖利益額が27億円以上あると言う意味と受け取れます。

年間5万以上の消費者、世帯、またはデバイスから、個人情報を購入、販売、受取または共有している
※自分のサイトに、カルフォルニアの人から、年間5万アクセス以上あるとCCPA適用と考えられます。

個人情報の販売によって、年間収入の50%以上を得ている
※知り得た個人情報を売っている場合ですね。

それでは、アドセンスの管理画面上での設定方法をご紹介したいと存じます。

----------- ここから下は恐れ入りますが「無料閲覧会員」に登録してログインすることで、ご覧頂けるようになります。 他にもログインがあると、無料にてご覧頂ける記事も多いですので、初めての方は「無料閲覧会員」へのご登録をご検討賜りますと幸いです。 ※初級会員・中級会員・上級会員の皆様はログイン状態でご覧頂けます。
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

takada

ご覧頂きましてありがとうございます、サイトSEO対策・アクセスアップ専門家のTakadaと申します。 ひとりで仕事・執筆を行い、インターネット上からの収入を中心に生活している50代でございます。 全体のうちGoogleアドセンス収入は70%くらい、その他はアフィリエイト収入・代行・通販・レンタル・個人コンサルタントアドバイスなどで30%、皆様には深く感謝を申し上げる次第です。 直営サイト運営(個人ブログ)すべてによる、直近5年間のアクセス数は1億7500万PVと現役です。 個人事業として納税義務を果たしております。(^-^)