Google AdSenceチームから、一部の皆様には、届いている可能性がある「sellers.json に関するご対応のお願い」と言うメール、通知に関して解説させて頂きます。

sellers.json と言うのは、簡単に申し上げれば「広告先の透明性を高める」機能です。
アドセンスなどに広告を出稿する「広告主」(広告を出した企業など)に取ってみると、最終的に、自分の広告が表示されたサイトの「運営者」が気になることがあります。
サイトの運営者が、法人なのか?、個人なのか?、どんな運営者なのか?
なかには「悪意を持った」運営者がいるかも知れません。
どのような点が、気になるのかは、広告主側の思惑・考え方がありますので、固定された概念があると言う事でもありません。
その広告主の気になるところとして、中間の取引業者、広告を表示している側(サイト運営・メディア運営)、すなわち「販売」されるまでのすべての情報を、広告主に対して「公開」できる仕組みが、sellers.jsonと言う事になります。
広告取引プラットフォームのひとつとなり、sellers.json を、適用させる場合には、ads.txt と共にサイト運営側で運用する必要性があるとされているようです。

ads.txt に関してはこちらで解説しています。

もう少し、わかりやすく説明しますと、アドセンスを利用しているサイト運営者(法人・個人)の名前やIDなどを、sellers.json にて「情報公開」することで、広告主側は、その分、信用・安心して、広告をそのサイト運営者に適用しやすくなると言えます。
逆に言い換えれば、sellers.json として、販売者の情報を公開していない場合には、何か「裏がある」(不正をしている可能性など)と感じて、そのサイト運営者のすべてのサイトに、広告を出さないと言う設定を、広告主が行う可能性があると言う事になります。
sellers.json にて情報公開していれば、そこには広告を出す、sellers.json で非公開であれば、そこには広告を出さないと言う判断などをする、広告主がでてくる可能性があるのです。

では、広告を掲載している側、アドセンスを使って自身のサイトに広告表示している側(広告収入を得ている側)としてのメリットとデメリットを明記したいと存じます。

sellers.json にて、販売者である自分の情報を「公開」することで、広告の質や量が増加して、広告単価が上がるなどして、売上が増える効果が期待できます。
ただし、どの程度、上がるのかは、実際にやってみないとわかりません。
自分のサイトの品質がもともと悪ければ、上がらない可能性もあるでしょう。

デメリットとしては、少なくとも「名前」(名称・実名)と言った個人情報が、sellers.json にて公開されます。
sellers.json は、2019年に始まったばかりの新しい規格ですので、発展途上で、まだ不明なところや、今後、変更される点が出て来る可能性もあります。
執筆している現時点で、Googleが公開する sellers.json の情報は、下記の通りです。

Sellers.json フィールドの部分「販売者のID」、「機密」か、「販売者のタイプ」(法人・個人か)、「名前」(法人名・個人名)、「ドメイン」(任意)です。

今のところ、住所メールアドレスまで、連絡先の部分が、公開されると言う事にはなっていません。
ドメインの部分は、ビジネス用ドメイン、すなわち会社案内サイトのドメインと言う意味でして、会社案内などがない場合、広告を掲載しているサイトのドメインなど、公開しなくてはならないと言う事ではありません。
ドメインの部分は、空白でも、問題はありません。 (法人で会社案内専用サイトがある場合には、そのドメインを入れたほうが良いでしょう)

日本の場合、個人情報保護を重視する傾向がありますので、初期設定では「非公開」(機密)となっていますので、その点はご安心ください。

実際問題、どれだけ効果があるのかは、広告主側が、sellers.json の機能を、重要か?と、捉えて、適用した運用にしているかどうか?の部分になります。
どのくらいの割合で、広告主側が、sellers.json を重視しているのかは、私も不明です。
しかし、少しずつ、sellers.json というものが、広告主にも、知れ渡っていくでしょうから、今後、重視するところが増える可能性はあります。

販売者としてアドセンス広告から収入を得ているサイト運営者としては、sellers.json を有効にして、自身の本当の情報を公開することで、広告売上が上がる可能性はあります。
しかし、少しでも個人情報などの公開に、抵抗や懸念がある場合は、利用しない(機密に設定する)事も選択肢となります。
なお、ハンドルネーム・ペンネームなどにしますと、アドセンス・アカウントの所有者変更と言う事になりますので、実名のみ有効と言う事が言えます。(そもそも、実名公開でないと、sellers.json の意義もない)

sellers.json 公開設定方法

設定変更方法は、アドセンスの管理画面より「アカウント」に進むと、表示される画面で、設定変更できます。
デフォルト(標準)の場合には、sellers.jsonによる情報公開が、オフ状態(機密)となっています。
公開したい場合には「非機密」に切り替えるだけで、簡単です。

sellers.json 公開設定方法

ポッチを1度押せば、保存も必要ありません。
また、非公開にしたい場合には「機密」に戻すだけです。

自分のアドセンス・アカウントに関しての情報公開ですので、サイト毎の設定などではなく、アカウント全体で有効となります。
また、別途、サイトにタグを貼るなどの対応は、一切不要ですので、上記のポッチでの変更だけの手続き・対応になります。

実際に、アドセンスの売上が上がるのか?、少し、データを取ってみました。

----------- ここから下は、誠に恐れ入りますが「有料会員さま」向けの情報となっています。 有料会員に登録してログインすることで、ご覧頂けるようになります。 ※すでに有料会員の皆様はログイン状態でご覧頂けます。
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
カテゴリー: 最新動向(有料)

takada

ご覧頂きましてありがとうございます、サイトSEO対策・アクセスアップ専門家のTakadaと申します。 ひとりで仕事・執筆を行い、インターネット上からの収入を中心に生活している50代でございます。 全体のうちGoogleアドセンス収入は70%くらい、その他はアフィリエイト収入・代行・通販・レンタル・個人コンサルタントアドバイスなどで30%、皆様には深く感謝を申し上げる次第です。 直営サイト運営(個人ブログ)すべてによる、直近5年間のアクセス数は1億7500万PVと現役です。 個人事業として納税義務を果たしております。(^-^)