日本ではなく、アメリカでの裁判例ですが、アメリカ国内にて「Instagramの埋め込み機能を使って記事中に画像を表示した場合は著作権侵害に当たらない」という裁判所の判例が2020年4月13日にありました。
Instagramの埋め込みは、著作権違反に当たらないと裁判所が判決を下したと言う事です。

ところが、その裁判結果を知った、Instagramじたいが「埋め込み機能は画像の使用を許可するものではない」とし「埋め込み機能を使っても、著作権侵害に当たる」という公式見解を示しました。

----------- ここから下は恐れ入りますが「無料閲覧会員」に登録してログインすることで、ご覧頂けるようになります。 他にもログインがあると、無料にてご覧頂ける記事も多いですので、初めての方は「無料閲覧会員」へのご登録をご検討賜りますと幸いです。 ※初級会員・中級会員・上級会員の皆様はログイン状態でご覧頂けます。
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

takada

ご覧頂きましてありがとうございます、サイトSEO対策・アクセスアップ専門家のTakadaと申します。 ひとりで仕事・執筆を行い、インターネット上からの収入を中心に生活している50代でございます。 全体のうちGoogleアドセンス収入は70%くらい、その他はアフィリエイト収入・代行・通販・レンタル・個人コンサルタントアドバイスなどで30%、皆様には深く感謝を申し上げる次第です。 直営サイト運営(個人ブログ)すべてによる、直近5年間のアクセス数は1億7500万PVと現役です。 個人事業として納税義務を果たしております。(^-^)