2020年9月より、新しく「日本個人サイト運営者協会」をスタートさせて頂きました。
個人運営のサイトに、必要となった新しい要素の支援となります。
よければ、ご覧頂けますと幸いです。

日本個人サイト運営者協会

さて、GDP(2020年4月~6月)年率換算で、衝撃の▲27.8%でしたね。
総崩れといったところで、かつて経験したことが無い、戦後最悪のマイナス成長ですが、もちろん、日本に限ったことではなく、世界各国でも同様と言うよりは、世界ではもっと悪いです。

アメリカ ▲32.9%
イギリス ▲59.8%
ドイツ  ▲34.7%
フランス ▲44.6%
イタリア ▲41.0%
ユーロ圏 ▲40.3%

いずれも年率換算です。
日本は完全には経済を止めなかったのですが、それでも、▲30%近くになり、前例のない大幅な落ち込みとなりました。
非常に厳しい状況です。

こんな不景気な時こそ、すごく重要となる「外に出る、アンテナを張って情報収集する」と言う事を、今回は、もう少し、違った視点から解説させて頂こうと存じます。

アクセスが多い記事と言うのは、当然ながら、需要がある内容です。
需要があると言う事は、人々の好奇心があるものになります。
では、どんな好奇心(需要)が、次にやってくるのか?を、感じ取るためには、自分自身の好奇心スキルを高めていく必要があります。

要は、たくさんの人の好奇心を予測するため、自分自身が好奇心を感じ取る能力を成長させるため、幅広く世界を見て行くと言うところが、求められます。

例えば、コンビニがあって、すぐその先にもコンビニがあったとします。
コンビニ同士が近いことに関して、何も感じないのではなく、なんで、こんな近くに別のコンビニがあるんだろう?と、そこで疑問に感じることが必要なのです。
その答えを、なんどか調べたり、聞いたりすることが、広く世界をみて、疑問に感じて、答えを探すと言う訓練になり、世の中で広まりそうな好奇心をつかみ取れることに繋がります。
近くにコンビニがあるのは、もちろん、それなりの理由があるからです。
そのように、常に疑問に感じて、それを調べて確認することが、まさに「勉強」でして、その繰り返しで、自分の見る目を養えます。

このように、サイト運営のようなクリエイターの仕事としては、いろいろな物事に、常に疑問を感じて、その答えを探そうと、常に行動することが大切です。
失礼な言い方をすれば、この疑問に感じられると言うところが、頭の良い人と、頭の悪い人の、分かれ目だと思っています。
物事に対して「なぜ?」と考える能力がないと、創作物(記事作りなど)は、アイデアも乏しくなってしまい、良い物ができません。
もちろん、最初から、そんな感性が備わっている人はいませんので、普段の日常生活の状況から、日々訓練することで「見えてくる世界」が、ぜんぜん違ってくるようになれます。

漫画を読んでも、テレビを見ていても構いません。
ただし、しっかり見て、疑問に感じたところは、解決していくことで、自分の知識も高めて、需要にも答えられる仕事ができると言う事になると存じます。

なお、出張の予約をしているので、わかるのですが、国内航空の地方路線は、厳しいです。
特に、最終便の飛行機が、運休になっているケースが多く、ひどい場合には、13時くらいの便が、羽田に戻る最終便と言う空港もあります。
これでは、その地方に出張したくても、効率が悪い・・。
まぁ、需要が無いと言う事ですので、仕方ないところではありますが、地方の観光業へのダメージも大きいでしょう。

このように注意して、今の世の中を見ていますと、海外旅行の検索需要が、とても減っていることにも気が付きます。
そんなこと、言われなくても、知っていると感じられる方も多いと存じますが、では、なんで、海外旅行に行く人が少ないのか?、その理由を明確に答えられるか、答えられないかで、情報収集している、していないの差が出てくるのです。
単にコロナだからでは、回答としては不十分です。

テレビ番組でも、海外の都市などを紹介する番組などは、いま、ほとんどありません。
減ったものがあれば、逆に増えたものがある訳です。
海外旅行を諦めた方は、国内旅行を調べています。
同様に、キャンプに関する情報も有効です。
それであれば、キャンプ場だけでなく、キャンプ用品などの情報も検索需要があるだろうと、わかってくる訳ですね。

このように考えれば、自宅にいる人が多い(在宅率が高い)ため、ダイエット・ヨガなども、引き続き良い情報となります。

なお、出張の予約をしているので、わかるのですが、国内航空の地方路線は、厳しいです。
特に、最終便の飛行機が、運休になっているケースが多く、ひどい場合には、13時くらいの便が、羽田に戻る最終便と言う空港もあります。
これでは、その地方に出張したくても、効率が悪い・・。
まぁ、需要が無いと言う事ですので、仕方ないところではありますが、地方の観光業へのダメージも大きいでしょう。

このように、世の中を見渡してキャッチすると申しましょうか?、各方向に、アンテナを伸ばして、情報に触れることが、このように不況のときこそ、重要となります。

新型コロナの感染者も、梅雨が明けて、紫外線が強くなり始めましたら、7月に記載させて頂きました、予想通り、梅雨明けから2週間後以降は、感染者が減ってきました。
秋・冬になれば、また、徐々に感染者が増えだすと存じます。
ただし、これは、通常の「カゼ」でも、1年中、同じように、はやる時期が、出てくるのと同じことです。
よって、第3波・第3波どころか、感染者が増える・減るのは、これからずっとずっと、続くことです。
ワクチンがあるインフルエンザだって、毎年、冬に、感染者がたくさん出てきましたよね。
新型コロナに有効なワクチンができたとしても、没滅するのは、困難である可能性が高いです。
昔からある「カゼ」や「インフル」と同じように、With病気で、行くしかありません。
病気のひとつとして「全体」を見て、正しく恐れて、個人個人が感染防止対策を徹底したうえで行動することが大切でして、新型コロナだけ、外出するな・来るなと捉えるのは、おかしいと言う事です。

それでは、2020年8月期のアドセンス考察に入らせて頂きます。

----------- ここから下は、誠に恐れ入りますが「有料会員さま」向けの情報となっています。 有料会員に登録してログインすることで、ご覧頂けるようになります。 ※すでに有料会員の皆様はログイン状態でご覧頂けます。
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
カテゴリー: 初級教材(有料)

takada

ご覧頂きましてありがとうございます、サイトSEO対策・アクセスアップ専門家のTakadaと申します。 ひとりで仕事・執筆を行い、インターネット上からの収入を中心に生活している50代でございます。 全体のうちGoogleアドセンス収入は70%くらい、その他はアフィリエイト収入・代行・通販・レンタル・個人コンサルタントアドバイスなどで30%、皆様には深く感謝を申し上げる次第です。 直営サイト運営(個人ブログ)すべてによる、直近5年間のアクセス数は1億7500万PVと現役です。 個人事業として納税義務を果たしております。(^-^)