毎月恒例となってしまいましたが、今月も、新型コロナウイルスの影響による考察を、お知らせいたしますこと、お許し願います。

まず、新型コロナ関連ですが、インフルエンザ感染者報告数が、2020年8月末から10月4日までの約1カ月半のあいだ、日本全国で25名しかいなかったと発表がありました。
昨年(2019年)の同時期は、2万4699名でしたので、約99.9%も、激減していることがわかります。
過去のように、中国人旅行者など、インフルの病気の持ち込みが無いうえに、日本人も手洗い・消毒を行っているため、かなり、衛生状況は良いみたいです。
手足口病も、30分の1まで減っているそうです。
その中国も、今では、消毒も心がけ、衛生状態が昔より良いとも言えます。
それらを考えますと、今後、外国人観光客を受け入れたとしても、流行性の病気は患者数は、昔のように多くはならないとも考えられます。
おもいきって、旅行時には、例えば、2時間置きに、必ず手を石鹸で洗うなど、日本人も外国人も関係なく「法律で義務付け」できると、日本の地方も皆様も安心できますし、インフルなど、他の感染症も含めて、かなり抑えられる可能性もあります。
ただし、殺菌作用がある紫外線が弱くなる、冬季は、地球の北半球において、日本でも北のほうであればあるほど、感染者じたいは増えて来るのは必定です。
でも、これは、毎年、普通のカゼでも、同じことですので、言い替えれば、感染者が増えて、当たり前であり、特別なことではありません。
肝心なのは、ひとりひとり、しっかり健康管理を行い、引き続き、手洗い・消毒を行う事です。
それにより、新型コロナだけでなく、たくさんの病気を軽減できます。

さて、以前もトレンド系やニュース系が良いとお知らせしていましたが、高田自身の10月は、時勢に少しだけ乗れまして、アドセンス売上も前月より10%ほど向上しました。
これは、クリック単価が、結構上がって来ていることも要因です。
もう、昨年までは無かったものと考えて、今後は、いかに、前月よりも、今月を、少しでも、伸ばして行く。
この積み重ねだと考えております。

アドセンスも前月より伸びたのですが、特に良かったのは、アドセンスではなく、ASP、すなわち「アフィリエイト」です。
10月の1ヶ月間、アフィリエイトは、比較的、世の中の流れに乗れたと存じます。
もともと、そんなにアフィリは売上を考えていなかったのですが、10月は、前月比で15倍以上になりました。
これは、運が良かったと言うよりは、必然的なものであったと推測しています。

アフィリエイトは、2020年5月末のアルゴリズム変化で、大きく影響を受けており、辞めてしまった運営者も多いと推測されます。
やる人が少なくなると、引き続き、行っている人のサイトは、検索でひっかかりやすいので、有利になるのは当たり前です。
そのため、少し有利に働いたのかな?とも感じています。
いずれにせよ「辞めない」「長く続ける」と言う事は、ビジネスにおいては、とても重要です。
この教材などを辞めたとしても、ぜひ、継続なさって頂ければと存じます。

ご参考までに、良かったのはバリューコマースさんのアフィリエイトです。
もう、このASPさん1本に絞っているような状態です。

記事後半では、何が良かったのか?、有料会員さま向けに、具体的に明記させて頂きます。

----------- ここから下は、誠に恐れ入りますが「有料会員さま」向けの情報となっています。 有料会員に登録してログインすることで、ご覧頂けるようになります。 ※すでに有料会員の皆様はログイン状態でご覧頂けます。
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
カテゴリー: 最新動向(有料)

takada

ご覧頂きましてありがとうございます、サイトSEO対策・アクセスアップ専門家のTakadaと申します。 ひとりで仕事・執筆を行い、インターネット上からの収入を中心に生活している50代でございます。 全体のうちGoogleアドセンス収入は70%くらい、その他はアフィリエイト収入・代行・通販・レンタル・個人コンサルタントアドバイスなどで30%、皆様には深く感謝を申し上げる次第です。 直営サイト運営(個人ブログ)すべてによる、直近5年間のアクセス数は1億7500万PVと現役です。 個人事業として納税義務を果たしております。(^-^)