2020年5月末の突然の検索エンジンの方向性変更に伴い、2020年6月以降、記事作りの手法は、大きく変わったと言えます。
昨年までの手法では、通用しない(効率が悪い)ところが、多々、出て参りました。
この記事では、2021年から、どのような方法で記事を作れると、アクセスを得るために効率が良いのか?、現時点で、対策が取れることを、解説させて頂こうと存じます。

この変化をチャンスとして捉えるか?、それとも自分には無理だと判断されるかは、皆様の自由です。
高田の推測では、効率が悪い現状から、ブログやサイト運営、アフィリエイトなどは、辞める人が続出すると推測しています。
しかし、これまでやってきていたのに、辞める人がいれば、引き続き続けている人に、チャンスが訪れるのは、言うまでもありません。

辞めて、別の新しいことを開始されるのは、良いことだと存じます。
続ける上で、別に新しいことも始めるのは、もっと良い事でしょう。
しかし、一番いけないのは「何もしない事」です。

2020年12月のコアアップデートでは、少し、個人サイトも、見直しが入り、少し回復したと考えらるデータも出ています。
しかし、12月中旬以降、外出自粛要請や、GoToの一時停止で、また、アクセス数は低迷することになっています。

下記では、これからもサイト運営を、続けると言う方向けに、2020年の1年間で、大きく変わったこと、新たに進めるべきことを明記させて頂きます。

大変申し訳ありませんが、ここからは有料会員さま向け(初級会員さま)の内容となりますこと、お詫びを申し上げます。

----------- ここから下は、誠に恐れ入りますが「有料会員さま」向けの情報となっています。 有料会員に登録してログインすることで、ご覧頂けるようになります。 ※すでに有料会員の皆様はログイン状態でご覧頂けます。
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
カテゴリー: 最新動向(有料)

takada

ご覧頂きましてありがとうございます、サイトSEO対策・アクセスアップ専門家のTakadaと申します。 ひとりで仕事・執筆を行い、インターネット上からの収入を中心に生活している50代でございます。 全体のうちGoogleアドセンス収入は70%くらい、その他はアフィリエイト収入・代行・通販・レンタル・個人コンサルタントアドバイスなどで30%、皆様には深く感謝を申し上げる次第です。 直営サイト運営(個人ブログ)すべてによる、直近5年間のアクセス数は1億7500万PVと現役です。 個人事業として納税義務を果たしております。(^-^)