ConoHa(このは)と言う、GMOインターネットさんが運営されているレンタルサーバーがございます。
しかし、うまく、当方のサイトとはかみ合わず、コノハWINGの利用継続を断念するに至りました。
当方のサイトでは、今や、95%以上を「WordPress」にて運用させて頂いております。
レンタルサーバーは、コノハさんを含めて、3社を同時に利用しておりましたが、コノハさんは、約1年で、辞めさせて頂きました。
※このサイトは、もともと、コノハでは運用していませんので、念のため、記載しておきます。

GMOインターネットさんの説明によると、コノハWINGは「世界最速」とうたっています。
しかし、私のコンテンツ(サイト)に関しての話になりますが、表示スピードは、他サーバー会社と、大差はありませんでした。
リザーブドプランと言う、CPU・メモリなどのリソースが1契約毎に割り当てられてる追加オプションを利用致しまして、表示スピードUPも期待していたのですが、他サーバーと比較しても、あまり表示スピードは変わらなかったと言う事になります。
大差が無いのであれば、そのまま使用・継続させて頂いても良かったのですが、さすがに、下記のような部分の使い勝手が悪かったため、解約しました。

php.ini設定

php.ini設定は、PHPのプログラムを動かすためのプログラムの設定になります。
php.ini設定ですが、ConoHaでは、下記の画面のように、直接コマンドを入力して設定する必要があります。
php.ini設定の環境変数やコマンドなんて、私のレベルでは、よくわかりません。
ある意味、環境変数などさえ、理解できていれば、自由に設定できるのは良いかと存じますが、通常のサイト運営では、そこまでは不要な訳でして・・。

php.ini設定

それに対して、wpXの管理画面では、php.ini設定は、各項目ごとに、設定ができます。
このほうが、断然、わかりやすいので、重宝しています。

php.ini設定

このように、サーバーの設定など、細かいところは、実際に、そのサーバーを無料お試しなどで使ってみないとわかりません。

WAF設定

WAF(ワフ)とは「Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃」からWebサイトを保護するセキュリティ対策になり、最近のレンタルサーバーでは標準装備されています。

コノハは、ON/OFFの機能(一括)しかなく、全体のWAFがフル設定されてしまい、実際に動かしているWordPressのテーマ機能の設定変更などの際に、支障がでる場合があるのです。
<注釈> 支障が出た場合、WAFを一旦OFFにすればよいのですが、何が原因で、テーマ機能の設定変更ができないのか? 原因特定に何日も費やしたことがあり、大きく時間をロスしました。

WAF設定

上記(コノハ)では、WAFの何が機能したのか、どうか?、よくわからないんですよね。

それに対して、wpXでは、項目ごとに、細かくON/OFF可能で、より適切なサーバー管理が可能となっています。

WAF設定

突然、テーマ設定が保存できなくなったりした場合には、この「WAF設定」をONにしていて、変更ができなくなっていることを、疑うと良いです。
一時的に、WAFをオフにして、設定変更・更新・保存を行ってみてください。

ads.txt

コノハは、管理画面から、ads.txtの設定が可能と親切設計になっているのは、素晴らしいです。
wpXは、管理画面から設定はできないので、そもそも、サイトにて広告表示することを想定していないとも言えます。
しかし、FTPでファイルをアップすれば良いので、管理画面から、設定が出来なくても、困ることはぜんぜんありません。

サーバーのデータベース・バージョン

wpX SPEED の唯一気になる点としてあげますと、データベースのサーバー・バージョン(MariaDB バージョン)が、執筆時点で「5.5」と古いんですね。
MariaDB バージョンは、執筆時点で、10.0 以上が良いとされています。
ちなみに、コノハは、5.7でして、少しマシです。
このバージョンは、サーバー会社のアップデートのみでの対応のため、利用者側では、どうしようもありません。

sitemapエラー

全部のサイトではないのですが、コノハに入れていた「ひとつ」のサイトにて、sitemap.xmlが、表示されないと言う難解の現象に悩まされました。
ブラウザにてhtml表示(ソース)を見ますと、sitemapの最初の出だし行に、2行や6行などの「空白行」が生じてしまうのです。
すなわち、header部分に、空白行ができてしまうと言う現象ですね。
記事などの表示は、ブラウザが自動で対応して、エラーを問題なしにして、表示してくれるので、アクセス数に支障は出ないのですが、sitemap.xmlは、さすがに反応してくれません。
そもそも、WordPressの問題なのか、プラグインの問題なのか?、ヘッダー部分の設定を私がいじってしまったのか?と、色々と原因特定を進めたのですが、わからずじまいでした。
プラグインなどがバージョンアップされると、改善するかな?と期待していたのですが、そうこうしているうちに、9ヶ月が過ぎてしまいました。
そのため、重い腰を上げて、コノハのサーバーから、wpxのサーバーに「サイト移転」したところ、この不可解な現象は、すんなり改善しました。
テーマや私の設定など、色々と要因があるかと存じますので、100%、コノハの問題とは、言い切れませんが、コノハではなくなったら、改善できたのも事実となります。
この不具合解消がきっかけで、コノハに入れていたサイトをすべて、wpXに、戻すと言う判断をしたことになります。

<注釈> サーバーの仕様や管理画面の項目などは、改善されることがありますので、上記の状況は、執筆時点でのものとなりますこと、ご理解賜りますと幸いです。

カテゴリー: その他

takada

ご覧頂きましてありがとうございます、サイトSEO対策・アクセスアップ専門家のTakadaと申します。 ひとりで仕事・執筆を行い、インターネット上からの収入を中心に生活している50代でございます。 全体のうちGoogleアドセンス収入は70%くらい、その他はアフィリエイト収入・代行・通販・レンタル・個人コンサルタントアドバイスなどで30%、皆様には深く感謝を申し上げる次第です。 直営サイト運営(個人ブログ)すべてによる、直近5年間のアクセス数は1億7500万PVと現役です。 個人事業として納税義務を果たしております。(^-^)