Site Kit Google【WordPressプラグイン】使ってみてください

ワードプレスの新しいプラグイン「Site Kit」とは、どのようなプラグインなのか、簡潔に解説致します。
どの記事が人気なのかなど、最新の状況としての確認が容易になりました。
ぜひ、入れてみて頂ければと存じております。

※旧アクセスアップ塾の高田管理サイト(塾生さまサイト)の場合、アドセンスの管理者が、直接入れたほうが、ご自身のアカウントと連携となり、のちのち、良いので、高田が入れる対応は自粛しております。

----------- ここから下は恐れ入りますが「無料閲覧会員」に登録してログインすることで、ご覧頂けるようになります。 他にもログインがあると、無料にてご覧頂ける記事も多いですので、初めての方は「無料閲覧会員」へのご登録をご検討賜りますと幸いです。 ※初級会員・中級会員・上級会員の皆様はログイン状態でご覧頂けます。
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
投稿者:takada 投稿日時:

Broken Link Checkerにてリンク切れを自動チェックし修正する大切さ(WordPress)

皆様は、記事の中やコメント欄にある「リンク」の有効性を、常にご確認されておられますでしょうか果てに
自分のサイト(ブログ)から、他の自分のサイトも含めて、別サイトに「リンク」が貼っている場合、そのリンクが切れていると、SEO的にはあまりよろしくありません。

リンク切れの意味がわからないと言う方のために、ご説明申し上げますと、自分のサイトから別サイト(他人・自分も含む)へ、URLにてリンク掲載しているものがあるとします。
しかし、その後、別サイトのそのURLが既になくなってしまったのが「リンク切れ」となります。

要するに、自分のサイトの、そのリンクURLをクリックすると、エラーになる状態の事です。

リンク切れには、下記のような理由があります。

外サイトのURLが変更になった。
外サイトの該当が削除された。

自分からリンクしているURLは、記事だけでなく、画像・写真・動画など、URLが存在するものはすべてのリンクです。
例えば、知らない人から、コメントをもらった際に、その人が自分のサイトのURLをコメント欄に入れていた場合でも、そのURLが削除・変更で、存在しなくなってしまうと、リンク切れになります。

このSEO対策には、色々な考え方があるのも事実ですが、リンク切れを起こしたままですと、検索エンジン(BOT)が、そのリンク先を辿れないと言うことが言えます。
これは、リンクを管理している側の管轄・責任ですので、リンク切れのままであったり、リンク切れ状態が多いと、その管轄・責任の元サイトの評価は上がらない可能性が少しあります。
サイトの品質が低いと判定されてしまう可能性があるのです。
評価が上がるか、下がるかは、Google(検索エンジン)側の判断ですので、どのように判断するかは、わかりませんが、少なくとも、きちんと対応していなければ、そんな不安要素も払拭できると言う訳です。

とても重要なSEOという訳ではありませんが、適切に対処しているサイトがあるのですから、不適切な対処が続いている場合には、マイナスになるとも言えるのです。

しかし、過去の記事やコメント欄などに入っているURLを、その都度、目視で毎日チェックいるのは至難の業です。

そのため、WordPressに、確認用プラグインを入れて、自動でリンク切れをチェックできると良いです。
そのプラグインは・・・

----------- ここから下は恐れ入りますが「無料閲覧会員」に登録してログインすることで、ご覧頂けるようになります。 他にもログインがあると、無料にてご覧頂ける記事も多いですので、初めての方は「無料閲覧会員」へのご登録をご検討賜りますと幸いです。 ※初級会員・中級会員・上級会員の皆様はログイン状態でご覧頂けます。
このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
投稿者:takada 投稿日時: